理念・沿革

理念
香港日本人倶楽部は、会員相互の扶助、親睦の促進と福祉の向上を図ること、
地域社会との友好親善の促進、及び地域社会への奉仕などを目的として設立されました。
沿革
1955(昭和30)年8月18日 香港日本人倶楽部の設立
宏興大廈Room446, Metropole Hotel(現New World Tower),
16 Queen’s Road Central
法人会員16社、個人会員90名
1956(昭和31)年8月 クラブハウスの移転
使舘大廈Room42-44,Embassy Court, Sunning Road,
Causeway Bay
法人会員28社、個人会員101名

1961(昭和36)年4月 クラブハウスの移転
嘉蘭大廈4F, Caroline Mansion, 8 Yung Ping Road, Causeway Bay
法人会員46社、個人会員274名

1961(昭和36)年7月 経済部規約の決定

1963(昭和38)年4月 日本語補習校Japanese Children Educational Class開始

1963(昭和38)年8月 『倶楽部便り』創刊

1965(昭和40)年8月 設立10周年:クラブハウスの移転(和食レストラン新設)
娯楽行10&11F., Entertainment Building, 30 Queen’s Road Central
法人会員56社、個人会員465名

1966(昭和41)年5月 香港日本人学校の開校(教育部から分離独立)

1969(昭和44)年8月 香港日本人商工会議所の発足(経済部から分離独立)

1979(昭和54)年6月 九龍分室の新設
恒隆銀行尖沙咀支店2F., Hang Lung Bank, Tsimshatsui Branch Building, 46-48 Granville Road, T.S.T., Kowloon
法人会員309社、個人会員2,318名

1983(昭和58)年6月 クラブハウスの移転
興利大廈38&39/F., Hennessy Centre, 500 Hennessy Road, Causeway Bay
法人会員302社、個人会員2,107名

1984(昭和59)年2月 九龍分室の閉鎖
法人会員300社、個人会員2,189名

1989(平成元)年9月 香港日本人倶楽部のロゴマーク決定

1990(平成2)年9月 Society Ordinanceに基づくクラブ組織から有限公司となる

1995(平成7)年11月 設立40周年:港日文化・教育交流基金の設置
法人会員591社、個人会員4,333名

2005(平成17)年10月 設立50周年記念行事「日本の祭り」開催
法人会員429社、個人会員2,574名

2007(平成19)年1月12日 クラブハウスの移転
怡和街68號18&19F., 68 Yee Wo Street, Causeway Bay
法人会員406社、個人会員2,465名

2016(平成28)年3月1日 クラブハウスの移転
謝斐道535號 「Tower 535」, 5F&9F, 535 Jaffe Road, Causeway Bay